なぜ僕がダイエットを?それは、「妊婦さんみたい」と言われたから

この記事を読む事で、「痩せている人」を知ることができます。

 

筆者がなぜダイエットをしようと思ったのか知りたい方へ。

 

「夏が来た。

そこまで痩せる必要性を感じていないが、このお腹が出ている醜い体を晒さなきゃいけない。

人前に出て恥ずかしい思いをしたくない、と思っていても、Tシャツ1枚で過ごさなきゃならない。

もう痩せることは諦めている。

しかし、痩せられるなら痩せたい。でも、きっかけがない。

痩せようと思った人の理由を聞きたい。」

 

また、

 

「ジムに行かなくてもできる痩せられる運動方法があったら知りたい。」

 

これらの声にこたえます。

 

✔︎本記事の内容

  1. 筆者がダイエットを決意した理由
  2. ジムいらずで続ければ短期間で体重を減らせる運動を紹介

 

筆者は、3年前、体重が63kg有り、お腹が出ていた。

しかし、髪形などを整えるなどをし、何とか自分はカッコいいんだと平常心を保っていた。

しかし、自分に自信はなかった。

そして時は過ぎ、環境も変わり、

2年後の2018年9月に本格的に筋トレを開始し、2カ月で63kg→57.6kgまで減らすことに成功。

そして、お腹痩せも達成し、

お腹は凹みました。

その後も筋トレを続け、現在は52kg。

なぜ僕がダイエットを始めたのか、さらに痩せられる運動についてもお話しします。

 

目次

■1.筆者がダイエットを決意した理由

理由は3つです。

 

  1. 妹にTシャツ姿を見られ、「妊婦さんみたい」と言われたから
  2. 福祉施設で社内恋愛をしている女性に腫れ物に触るような扱いをされたから
  3. やはり、自分の体型に自信がなかったから

 

それぞれ、お話ししたいと思います。

 

□1−1.妹にTシャツ姿を見られ、「妊婦さんみたい」と言われたから

 

妹に言われた衝撃的な一言があります。

 

兄には言いづらかったでしょうが、突然言われました。

 

それほど妹にとっても太って見えたのでしょう。

 

Tシャツ姿でキッチンに行った時、たまたま妹がいて、

 

僕のお腹を見て、

 

「お腹やば!妊婦さんみたい」と言われた経験があります。

  

実は、これが初めての経験じゃないのです。

 

入院していた時も、そこで仲良くなった女性に

 

「〇〇くん、妊婦さんじゃん!」と言われました。

 

僕なんかとは比べ物にならないほど存在価値のある妊婦さんには申し訳ないのですが、

僕はこの時、正直、恥ずかしかったです。

 

「俺ってそんなにヤバイのかな…。」と思いました。

 

その時のお腹がこちらです。

 

 

完全にお腹出てますよね。恥ずかしいです。

 

お腹が出ていると、夏が一番辛いのですが、冬も辛いです。

 

外に出ている時、ダウンジャケットなどを着ていると誤魔化せている気がしますが(実際には体型は隠せません)、室内に入る時ダウンを脱ぐのが怖くなるのです。

 

「この腹を見られるのが恥ずかしい…。お腹出てる!だらしないって思われてるかな…。」

 

と、冬の図書館で僕は思っていました。

  

この時、積もりに積もった劣等感が、僕を筋トレして痩せるという行動に駆り立てたのだと思います。

 

一回太っておいて、痩せるといいことがあります。

 

それは、もう2度と太りたくない、と思えるからです。

 

僕は現在52kgで若干痩せ気味の体型ですが、もう2度とあんな思いはしたくないので、どか食いや、ポテトチップスなどのスナック菓子は食べないようにしています。

 

というか、体が食べようと思わなくなりました。それだけ、「太る」というコンプレックスは、人を臆病にさせ、自分に自信を無くせさせてしまうのです。

 

もう2度と、お腹が出るのはごめんです。

 

⬇️【-10kg減】10kg痩せた見た目の変化の記事はこちらから

あわせて読みたい
【6ヶ月で10kg減】10kg痩せた見た目の変化がこちら【筋トレ】
【6ヶ月で10kg減】10kg痩せた見た目の変化がこちら【筋トレ】10kg痩せた時の見た目が知りたい方へ。   「最近、筋トレや食事制限など頑張っている。10キロ痩せた自分を目標に日々ダイエットを頑張っている。しかし、実物を見な...

□1−2.福祉施設で社内恋愛をしている女性に腫れ物に触るような扱いをされたから

 

自分の体型に自信がなかった頃、劣等感にまみれる出来事がありました。

 

女性は太っている男性には厳しいのだなと実感しました。

 

僕は、2017年の8月1日から就労移行支援事業所に通い始めました。

こちらのツイートです。

 

悲壮感漂っていますね。当時はこれくらい自信がありませんでした。

通っていた当初は良かったんです。

 

しかし、途中でその女性と接する機会がありました。

 

挨拶を勇気を出してしたら、無愛想な顔でそそくさとした態度で挨拶を返す女性がいました。

 

「完全に嫌われてるな」

 

と一瞬で分かりました。

 

当時の僕は、お腹が出ていることがコンプレックスだったので、

 

「やっぱりこのお腹が原因かぁ…。」

 

と悔やむ日々でした。

 

そして、事件は起こりました。

 

当時通っていた就労移行支援事業所で昼食会をやることになり、

事業所の通所者とスタッフが協力して、昼食を作ることになりました。

 

そこで、その女性と、その女性が好きと思われる背が高くてイケメンで紳士的な男性と僕、の3人で協力しなければならない時がありました。

 

そして、その女性が僕に接するとき、明らかに顔が引きつっていました。

 

その顔を見るたび、嫌な気分になり、見た目の重要さを思い知らされました。

 

そして、2017年10月、僕はその事業所をバックれてしまいました。

 

 

今の事業所は、1年ともうすぐ4ヶ月と続いていますが、お腹が出ていた当時は、2ヶ月も持ちませんでした。

 

しかし、そんな僕にも、優しくしてくれた人たちがいました。

 

先ほどの女性が僕が当時の就労移行支援事業所をやめた原因ではないですが、

僕はその女性から「清潔感の大事さ」を学ばされました。

 

お腹が出ていると、清潔感が損なわれます。

 

その女性がアプローチしていたイケメン男性は、背が高くてすらっとしており、清潔感がありました。

 

今となっては痩せられたので、その女性とその場で出会えてよかったと、

今は思えます。

 

優しく接してくれた人たちには、感謝しかありません。

 

⬇️清潔感に関する記事はこちらから(画像がインパクトありますが汗)

あわせて読みたい
身だしなみに気を使うとどこまで変わる?僕が実践したお勧め習慣
身だしなみに気を使うとどこまで変わる?僕が実践したお勧め習慣こんにちは!トオマです。身だしなみに気を使う意味が知りたい方へ。「ここ最近、疲れた。身だしなみに気を使うのに疲れた。というか、そもそも身だしなみに気を使うと...

□1−3.やはり、自分の体型に自信がなかったから

 

やっぱり、自分の体型に自信がない、というのが、1番の理由だと思います。

 

ボディーイメージの低下は、相当きついです。

 

学生時代などは、痩せすぎていたり、太っていたりしても、

そこまで気にすることはないかもしれません。

 

しかし、社会に出ると、その人の評価は、「自己管理ができないだらしない人」です。

 

太っている人も、そう思われていることぐらい分かっていると思います。

 

そして、毎日、とてもビクビクしながら外を歩くのです。

 

この劣等感は、僕も味わいましたが、計り知れません。

 

「デブって思われるんだ…。」

 

といちいち周りの目を気にしなきゃいけない辛さ、相当きついです。

 

そして、1年発起して、僕は筋トレを始めました。

 

いや言い過ぎかもしれません。

 

ちょっと筋トレしてみよう、と軽い気持ちで、筋トレを始めました。こちらの動画の筋トレです。

 

 

最初は相当きついです。

 

しかし、続けていくと、最後までできるようになります。

 

ちょっとずつ、続けていくことがポイントです。

 

次の章で、僕が本格的に筋トレをするために見ていた動画を紹介しますが、

先ほどの動画で基礎的な筋力(腹筋)をつけたからこそ、

この時よりもキツイ腹筋トレーニングができるようになったんだと思います。

 

自分の体型に関するコンプレックスを乗り越えた経験は、

必ずあなたを魅力的にします。

 

まずは、無理をしないことです。

  

恋愛と一緒で、徐々に意中の相手(理想の体)にアプローチしていくことが大事です。

 

焦らず、ゆっくり頑張りましょう。

 

ここからは、今この記事を読んでいるあなたが、

仮に運動とは無縁の生活を送っているのなら、是非運動してほしい、

その理由を述べていきたいと思います。

 

ジムいらずで、無料で、継続することさえできれば、必ず痩せられます。

  

それではいきます。

 

■2.ジムいらずで続ければ短期間で体重を減らせる運動を紹介

ポイントは3つです。

 

  1. メトロンブログの腹筋トレーニングがお勧め
  2. 通勤通学+痩せてきたら外を散策で1日1万歩歩く
  3. 男性だけでなく女性にこそやって欲しいのは腕立て伏せ

 

それぞれ、解説していきます。

 

□2−1.メトロンブログさんの腹筋トレーニングがお勧め

 

よっしーさんというアーティスト活動(主にブレイクダンス)をされているめちゃカッコいいYouTuberの方が勧める腹筋トレーニングがお勧めです。

  

このお方は、ジムトレではなく、家でできる自重トレーニング(自分の体重の負荷で行う筋トレです)をたくさん紹介してくださっています。

 

それで僕も痩せられました。

 

そのトレーニングで一番お腹痩せに効くのが、こちらになります。

 

筋トレ初心者の方にはキツイと思うので、前章でも紹介した腹筋トレーニングからやってみてください。

 

「筋トレ?筋肉つけたくないんだけど」

 

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、今の時代、男性は筋トレをやっているのは当たり前、女性にも浸透してきています。

 

筋トレには美肌効果もあるようで、

僕の知人の女性は筋トレをしてとても肌が綺麗になり、プロポーションも抜群になっていました。

 

なんか言い方がアレですが…笑。

 

兎にも角にも、今、「痩せたい!」と思われているそこのあなた。

 

筋トレをしないと損します。

 

時間は有限です。

 

それに、もうすぐ暑い夏がやってきます。

 

抜群の肉体の曲線美で、意中のあの人をメロメロにしたいと思いませんか?

 

筋トレは、続けるのが大変ですが、兎にも角にも筋トレ初心者の方は、最初に紹介した6分のこちらの動画

 

 

をこの記事を読んで終わり!ではなく、

 

一回でもいいのでやってみてください。

 

自分の筋力の無さを実感すると思います。

 

そこで「無理だ!」と諦めるのではなく、「やってやる!」と思えたら勝ちです。

 

1週間でもいいので、続けてみてください。自分の体が変わっていくのがわかると思います。

 

なお、トレーニングの前に自分の裸の身体の写真を1枚撮っておくのをお勧めします。

 

トレーニングをやっている自分の体の変化に気づくことができるからです。

 

詳しくは、この記事に書いているので、是非読んでみて下さい。

 

⬇️【3ヶ月で-6kg達成】統合失調症の僕でも痩せられた筋トレ

あわせて読みたい
統合失調症になり太ってしまった方へ【3ヶ月で6kg痩せた筋トレ】
統合失調症になり太ってしまった方へ【3ヶ月で6kg痩せた筋トレ】「統合失調症になってから太ってしまった。痩せる方法があるなら知りたい!」「現在統合失調症でどうしても過食してしまう。」そんな方へ「あと、なんか、痩せられる筋...

 

少しでも腹筋ができる方は、よっしーさんの筋トレの動画をとりあえず一回やってみて下さい。

 

おそらく、一通りはできるのではないでしょうか。

 

しかし、めっちゃキツイと思います。

 

この1日2分の地獄を、1ヶ月、2ヶ月と継続すれば、必ず痩せます。

 

代謝が良くなるからです。

 

お菓子も食べることもなくなると思います。

 

是非、紹介した動画を、興味本位でもいいので、トライしてみて下さい。

 

■2−2.通勤通学+痩せてきたら外を散策で1日1万歩歩く

 

1日10000歩、歩きましょう。

 

この記事を読んでいる方で、働かれている方、または学生の方(いるかな…。)多いと思います。

 

普段の通勤通学に加えて、1日少しでもいいので、ぶらっと興味のあるお店や駅など、散策してみて下さい。

 

服を見るのもいいです。

 

「痩せたら絶対この服着るぞ!」

 

と決意するために、服屋をチラッと見るのもいいでしょう。

 

僕は、お腹が出ていた頃、自信がなさすぎて、ウィンドウショッピングが出来ませんでした。

 

店員さんに、

 

「なんでこんなやつが来てるんだよ…。」

 

と思われている気がしたからです。

 

しかし、それでも、服を買いにはいっていました。

 

センスもクソもなく、自分がいいなと思う服を店員さんの目を気にしながらも、勇気を出して買っていました。

 

そして、今では当時のぼてっとした僕の面影はありません。

 

とにかく、興味のままに歩きましょう。

 

本を見るのもいいと思います。

 

そういった習慣づけを行っておくことで、それが習慣になった時、1日1万歩は歩き、それに上記の筋トレを加えたら、みるみる痩せ、もう太ることはないと思います。

 

まっすぐ家に帰らず、寄り道、してみて下さい。
 

□2−3.男性だけでなく女性にこそやって欲しいのは腕立て伏せ

 

僕は、女性にこそ腕立て伏せを勧めます。

 

二の腕痩せにもつながり、何より、全身を動かし、全身に効く運動だからです。

 

先ほど、筋トレを進めた僕ですが、女性の方は「筋肉がつくから嫌だ」と思うかもしれません。

 

しかし、女性は男性に比べて筋肉質ではなく、筋トレを行なってもマッチョのようなはっきりとした筋肉はつきづらいです。

 

筋トレを行なっている女性は、例に漏れず美しいです。

 

こちらのサイトを見てみて下さい。

 

2017年度版ですが、みなさんカッコいいですし美しいです。

➡️すっすごい!…2017年『筋トレ女子』な芸能人の美ボディまとめ

 

筋トレの効果は、冷えの改善、肌を綺麗にする、代謝が上がり太りにくくなるなど、良いことづくしです。

 

詳しくは、こちらのサイトをご参照ください。

➡️筋肉を使うと嬉しいことばかり~女性視点の筋トレ効果~

 

ここまで、筋トレのいいところを述べてきた僕ですが、特にお勧めするのは腕立て伏せです。

 

1番基礎的な筋トレであり、腕を鍛えられ、腕痩せするだけでなく、体幹も鍛えられ、腹筋も鍛えられます。

 

詳しくはこちらのサイトを見て下さい。

➡️女性にこそやって欲しい「腕立て伏せ」の知られざる効果

僕も腕立て伏せを始めてから太る気がしません。

 

体型ももうちょっと増量して、もっと健康的な体を作っていきたいと思っています。

 

あなたも、一回の運動で一石二鳥ならぬ、一石五鳥の腕立て伏せを是非やってみて下さい。

 

まとめ:他人に馬鹿にされた経験は、必ずいつか笑って話せる

記事のポイントをまとめます。

 

  • 妹に言われた言葉が僕を変えた
  • 人にぞんざいに扱われた悲しみを乗り越え、今がある
  • コンプレックスはコンプレックスじゃなくなる
  • 女性にこそ筋トレがお勧め
  • その中でも、腕立て伏せで僕は人生変わりました

 

以上になります。

 

いかがでしたか?

 

今、仮に、コンプレックスで押しつぶされそうだとしても、あなたの小さな自分を変えようという決意が、未来のあなたを変えます。

 

それは1ヶ月後かもしれない、2ヶ月後かもしれない、3ヶ月後かもしれない。

 

それでも、その頑張っている自分の過程を楽しむことさえできれば、あなたは痩せることができます。

 

僕は、馬鹿にされ、自分を変えようと努力しました。

 

あなたも、振り向いてほしい人がいるなら、是非筋トレしてみてください。

 

今恋人がいないなら、彼氏のために痩せる、というのもアリだと思います。

 

恋人はこちらのアプリから作りましょう。

 

1年で1万円かかりますが、頑張っているあなたなら、きっと支払うお金以上の楽しみを体感することができると思います。

 

withという名のサービスです。

 

インストールはこちらから。

もし、恋人を作るのに疲れてしまったら、オフライン機能もあるので、SNS疲れしやすい方にはお勧めです。

 

それに、診断が好きな方にも、心理学に基づいた実践的な性格診断をすることができます。

 

まだ間に合います。

 

最後まで読んでくださって有難う御座いました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

tohma(とーま)と読みます。24歳。2014年10月統合失調症発症。進学校と呼ばれる普通科高校中退、通信制高校卒業、Fランク大学中退の経験あり。現代を生きる精神障害者という立場から、色々書いています。当ブログを運営して1年半。TwitterとYouTubeもやっています。気まぐれ更新。

コメント

コメントする

目次
閉じる