【収益は?】1万PVを達成した僕のブログ運営報告【歴1年目】

こんにちは!トオマです!

10000PVを達成した筆者のブログ運営報告が聞きたい方へ。

「ブログを運営してしばらく経つ。しかし、全然アクセス数が伸びない。

参考にしたいので、筆者のブログを運営する上で心掛けたことなど、ブログ運営報告が聞きたい。」

「ブログをどうやったら10000PVまで伸ばせるのか、運営方法が知りたい。」

これらの声に応えます。

 

✔︎本記事の内容

  1. 10000PVを達成した筆者のブログ運営報告
  2. 10000PVを達成した筆者のブログ運営方法を解説

 

筆者はブログ歴1年。

 

先月のブログ運営で、10000PV越えを達成。

 

Googleアナリティクスのデータはこちら。

 

 

しかし、収益は720円でした。

内訳は、

Google Adsense:270円

Amazonアソシエイト:448円

A8.net:2円

計720円です。

 

しかし、今の現状に悲観しておらず、10000PVを達成できた自分を褒め、次に繋げたいと思っています。

 

次の目標は、30000PV、収益は3,000円です。

 

目次

■1.10000PVを達成した筆者のブログ運営報告

ポイントは3つです。

 

  1. 英検受験シーズンと重なり英検の記事で1日2200PVを達成
  2. 「短小」キーワードの記事が安定的にアクセスを稼いでくれた
  3. 痩せた経験を書いた「10kg減の見た目の変化」の記事が1日100PV以上読まれた

 

それぞれ解説していきます。

 

□1−1.英検受験シーズンと重なり英検の記事で1日2200PVを達成

 

こちらは予期しないサプライズでした。

 

英検準1級の勉強をしていたことが、功を奏したのです。

 

僕は6月2日に英検準1級の試験を受けてきました。

当日試験がお昼、12時10分ぐらいに終わったのですが、試験終了後、合否が気になった方々が「受かったかな…。」と情報を得るために、解答速報を求めてGoogleで一斉に「英検準1級 解答速報」と検索したのです。

 

その光景がこちらです。

 

 

その結果、僕のブログの「英検準1級 解答速報」という読者の需要である「英検の合否確認」を満たしたキーワードが書かれた記事が読まれたのです。

 

こちらの記事です。

あわせて読みたい
【解答速報】第三回英検準1級一次試験自己採点結果【リスニング惨敗】
【解答速報】第三回英検準1級一次試験自己採点結果【リスニング惨敗】 今日の13時(2019年1月28日(月))、第3回実用英語技能検定の解答速報が発表されました。解答速報はコチラ それをうけて、 昨日英検準1級を受けた人の自己採点結...

「これが、トレンドに乗ることなんだな」

 

と改めて思いました。

 

というのも、以前PayPayが爆流行りしましたが、僕はこの波に乗りPayPayのファミマでの使い方を書いた記事を書いていたので、その記事はPayPayの検索上位に乗り、沢山の方が来ました。

 

PayPayの記事はこちらです。今でも500円分無料でポイントを貰い、お支払いできると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
PayPayのファミマでの使い方
PayPayのファミマでの使い方PayPayのファミマでの使い方を知りたい方へ。「PayPayというアプリを最近知ったのだが、100億円分プレゼントキャンペーンというのが話題で、どうやらファミマで使えるら...

PayPay ファミマの検索欄20位以内に入ったので、お仕事の依頼もいただきました。

 

「渾身の記事を書いたのに読まれない…。」

 

と嘆いているそこのあなた。

 

自分の好きなジャンルに関する記事を書くことや、何か自分の意見を大々的に書いてみたりするのもいいですが、トレンド記事、書きましょう。

 

しかし、トレンド記事には弱点があります。

 

それは、トレンドが過ぎたら全く読まれなくなる、というものです。

 

今現在、僕のブログの読まれた数が最も多い記事トップ5のコーナーでも分かりますが、

 

PayPayは当時は短小の記事に次ぎ2位だったのですが、2位から順位を落とし5位にきています。

 

この理由は、当時、閲覧数が多かったので5位にきていますが、今ではブログのアクセス解析を見てもPayPayの記事が読まれていることは滅多にありません。

 

そのため、5位から徐々に今後順位は下がっていくと思われます。

 

トレンド記事での注意点は、もう一つあります。

 

それは、競合が強すぎる、という点です。

 

トレンドに乗るのは、個人ブロガーだけではありません。

 

そのトレンドに関する情報提供を日々行なっている企業が参入する場合があります。

 

しかし、安心して欲しいのは、そのタイミングにはタイムラグがある、ということです。

 

速さでいったら、色々な手順を踏まなきゃいけない企業ではなく、個人1人で動ける個人に勝どきがあります。

 

ただ、その優位性は長くは続きません。

 

企業達は、トレンドに関するリサーチを徹底的に行なうため、情報の質がまるで違うのです。

 

それで、検索者に対する情報の質の高さの提供を求めるGoogle検索欄にはせっかく検索上位を取れていたのに、時間が経つと「もはや50位圏外…。」という場合があります。

 

それに、トレンドはトレンドです。

 

時間が経つにつれ、忘れられます。

 

これらの注意点を踏まえた上で、是非トレンド記事に挑戦してみてください。

 

□1−2.「短小」キーワードの記事が安定的にアクセスを稼いでくれた

 

僕のコンプレックスを書いた記事が、意外とウケていました。

 

理由は、後述します。

 

「短小」というビッグワードで、検索で1位をずっとキープしていました。

 

この記事は僕のコンプレックスを面白おかしく読者の方の共感も誘ってクスッと笑えるようにと書いた記事です。

1位を取れた理由として、月にブログで600万円稼ぐマナブさんの言葉を引用させていただくと、

 

発信において最強なのは、

  

コンプレックス×自分の経験×オリジナリティ

 

なのだそうです。

 

詳しくはこちらの動画で述べられています。

 

 

該当箇所は4:19から。

 

僕のこの短小の記事もコンプレックス(短小)

×

前の彼女に笑われるという(経験)

×

あるある記事という真新しい僕の記事(オリジナリティ)

 

で「短小」というワードで1位を取ることができていたのだと思います。

 

しかし、蛇足ですが最近になってGoogle内でアルゴリズムの変更があったからかわからないが順位が落ちてきた…。

 

6月23日までは1位だったのですが、それ以後は順位が下がり続け、6月30日には最低値を記録。

 

1位→35位まで下がりました。

 

原因は、やはり競合他社の存在です。

 

JCASTニュースという僕よりも明らかに質の高い記事を提供することができるサイトに負ました。

 

2015年に書かれた記事だそうです。Googleは怖いですね。

 

どこまで掘り起こしてくるんだろう。

 

記事の面白さでは負けてはいないと思うんですが、もっと建設的なことや、直近の考えを書き、リライトしようと思います。

 

□1−3.痩せた経験を書いた「10kg減の見た目の変化」の記事が1日100PV以上読まれた

 

夏の季節がやってきましたね。

 

今は梅雨で毎日雨でどんよりとしていますが、そのうち暑くなり、嫌がおうにも肌を露出しなければならなくなると思います。

 

急に時候の話になりましたが。

 

痩せるようにと筋トレしていたら、結果的に痩せて、最終的に記事にできました。

 

僕がダイエットをした理由は、こちらの記事に書きましたが、10kg痩せて、マジで人生変わったなと思います。

 

あわせて読みたい
なぜ僕がダイエットを?それは、「妊婦さんみたい」と言われたから
なぜ僕がダイエットを?それは、「妊婦さんみたい」と言われたからこの記事を読む事で、「痩せている人」を知ることができます。 筆者がなぜダイエットをしようと思ったのか知りたい方へ。 「夏が来た。 そこまで痩せる必要性を感じて...

やはり、10kg痩せたというのは目に見える変化なので、

物珍しさにきてくださっている方もいらっしゃるだろうし、

本当に痩せたくて記事に訪れてくださる方もいらっしゃると思います。

 

コンプレックス系は最強だなと思い直す今日この頃です。

 

10kg痩せた見た目の変化の記事はこちら。

あわせて読みたい
【6ヶ月で10kg減】10kg痩せた見た目の変化がこちら【筋トレ】
【6ヶ月で10kg減】10kg痩せた見た目の変化がこちら【筋トレ】10kg痩せた時の見た目が知りたい方へ。   「最近、筋トレや食事制限など頑張っている。10キロ痩せた自分を目標に日々ダイエットを頑張っている。しかし、実物を見な...

 

僕は、痩せたことが実になって記事として伸びるようになりましたが、

こうして、自分の中で何かの変化を起こして、

それを言うなれば夏休みの自由研究のトマトの生育観察、

のようなイメージで、変化した結果を記事にするというのもアリだと思います。

 

僕は結果として自分の体が観察対象になりました。

 

「夏休みの自由研究」という例えをあなどってはいけません。

 

そこに需要という要素が加われば、

「本を100冊読んだ結果こうなりました!」

のように、読者にとって何かしらの知的欲求を刺激する記事が書けるはずです。

 

ここからは、どうやったら10000PVに到達できるのか、

僕が考える絶対に必要な3要素をお勧めします。

他にも要素があると思うのですが、結果を出した僕が特に意識しているのはこの3つです。

 

■2.10000PVを達成した筆者のブログ運営方法を解説

ポイントは3つです。

 

  1. とにかく人の真似をする
  2. 自分が好き&需要のあるジャンルの記事を書く
  3. 読まれないからといって投げ出さないで淡々と継続する

 

それぞれ、解説していきます。

 

□2−1.とにかく人の真似をする

 

とにかく人の真似をしましょう。

 

好きこそ物の上手なれ、ではないですが、好きなフォームの真似こそ上達の一番の近道です。

 

僕は、記事を書いてかれこれもうすぐ80記事ですが、マナブさんのこちらの動画の書き方でずっと書いています。

 

そして、実際に結果も出ています。

 

 

やはり、成功者の真似をすることは大事だなと思います。

しかし、成功者におんぶに抱っこなのではなく、自分で少しでもこういったやり方がいいのではないか?と思ったら、どんどん取り入れていく姿勢も大事だと思います。

 

僕は100記事書くまではこの執筆方法は変えないで、淡々と真似していきます。

 

□2−2.自分が好き&需要のあるジャンルの記事を書く

 

自分の興味のあることで、なおかつ需要のあるジャンルの記事をかきましょう。

 

今回10000PV超えた理由は、やはり、需要のある記事をある程度書いていた、というのが大きかったかなと思います。

 

なおかつ、それが自分が好きなジャンルである記事だったため、記事にも熱がこもり、熱心に読んでいただける読者の方もいたんじゃないかと思います。

 

特にその記事は、英検の記事でした。

 

僕は英検準1級を目指しており、その勉強の結果として試験を受け、その合否を記事として書いていました。

 

今英検は、センター試験廃止後の代替となる試験方式なので(英検の結果を合否に利用するらしいです)、今学生の間だけではなく、社会人の方にとっても、注目を浴びている試験となっています。

 

僕はテスト形式のものが好きなのです。

 

しかも学生の頃好きだったけど挫折も経験がある英語で、なおかつ合否がつくという承認欲求も満たせるという要素もプラスされ、大変英検準1級に合格してやる!と思っております。

 

なので、このこれらの記事を書き続けることができました。

 

□2−3.読まれないからといって投げ出さないで淡々と継続する

 

読まれないからといって、悲観するのは良くないです。

 

ブログが最初読まれないのは、当たり前だからです。

 

なぜかというと、元作家であり、最高年収が7500万という規格外のアフィリエイターのクロネコ屋さんのこちらのツイートを見てください。

  

 

まだ記事が30記事を満たしてないのなら、あなたはまだヒヨコです。

 

まだ、鶏になり、卵という名の利益を生み出す存在にはなれていません。

 

でも、ヒヨコでもいいのです。

 

僕もまだ80記事と、30記事とそこまで大差はないと思いますが、収益は少しだけですが得ています。

 

僕も、ヒヨコながらにも、日々、鶏のように価値のある卵を埋めるように親鳥の背中を追っかけっています。

 

その過程が大事なんです。

 

とにかく、心の奥にある自分の声が、ブログを好きだといっていること。

 

この事実が大事なんです。

 

「好きという声が聞こえない…。」

 

という方もいらっしゃると思いますが、あなたはまだ文章を通して人に何かを伝える、という面白さをまだ体感していないのでしょう。

 

その面白さを体感していない、というのはある種勿体ないです。

 

好き嫌い、向いている向いていない、興味がある興味がない、もあると思います。

 

しかし、その気持ちを払拭できるように、

いつか、ブログを書いていて、

「楽しい!」

と思えるように、ブログを書き続けてみてください。

 

まとめ:10000PVに到達するのに絶対欠かせないもの。それは、ブログが好きであるという心と探究心。

記事のポイントをまとめます。

 

  • トレンドに乗るという流れを体感してみよう
  • ただ、トレンドすぐに過ぎるので、頼り過ぎも良くない
  • 『コンプレックス×経験×オリジナリティー』を意識した記事を書く
  • 学ぶことは真似ぶこと。先人から学び、真似る。
  • 変に気負わず、ブログを書いていて楽しい、という気持ちを忘れない

 

以上になります。

 

いかがだったでしょうか?

 

ブログって本当に素晴らしいと思うんです。

 

ドメイン代とサーバー代さえ支払えば、開設できますし、その開設の仕方も先人のを見ればすぐにでも始めることができます。

 

僕は、ブログ2年目なので、少し気を引き締めて、自分の影響力も考えて、その人が抱える問題や悩み、興味にピンポイントで刺さる記事が書けるようになりたいです。

 

そのためにも、継続、ですね。

 

最後まで読んで下さって有難う御座いました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

tohma(とーま)と読みます。24歳。2014年10月統合失調症発症。進学校と呼ばれる普通科高校中退、通信制高校卒業、Fランク大学中退の経験あり。現代を生きる精神障害者という立場から、色々書いています。当ブログを運営して1年半。TwitterとYouTubeもやっています。気まぐれ更新。

コメント

コメントする

目次
閉じる