ブログ運営10ヶ月目、3月の運営報告・アクセス数【停滞しました】

ブログ運営

こんにちは!トオマです。

 

トオマのブログの3月のアクセス数が知りたい!という方はいらっしゃりますでしょうか!

 

「トオマ、自分もブログを運営しているから、参考にしたい。」

 

また、

「ブログは運営していないけど、トオマのブログの規模でどれだけアクセス数があるのかが気になる。」

 

さらに、

「どうやってアクセス解析しているのか方法が知りたい。」

 

これらの疑問に答えます。

 

✔︎本記事の内容

  1. トオマのブログの3月のアクセス数
  2. トオマがどうやってアクセス解析をしているのか

 

筆者は、当ブログ運営歴9ヶ月目。

 

収益もまだまだ少ないですが発生するようになりました。

 

収益に関しては後述していきます。

 

このブログ運営報告も早4回目となりました。

 

なるべく、あなたの参考になる情報を差し上げられればなと思い、書かせていただきます。

 

■1.トオマのブログの3月のアクセス数

この項目のポイントは3つです。

 

  • アクセス数は先月より下がり、5485PVでした
  • 通常ペースで投稿したが、アクセス数停滞
  • コンテンツの質・コンテンツの量が十分ではないと予測

 

それぞれ、解説していきますね。

 

□1−1.アクセス数は先月より下がり、5485PVでした

 

3月は5,485PVでした。

 

先月は5,635PVだったので、150PVほど下がりました。

 

敗因としては、やはり、投稿数を上げられなかったことです。

 

3月のデータがこちら

 

2月のデータがこちら(直帰率については解析ミスで高く見積もってあります)

 

  

しかしながら、3月を2月と比べると、PV数は落ちたものの、ユーザー数は1000人近く増えたので、記事を頑張って書いた甲斐があったなと思いました。

  

欲を言えば、毎日更新したいです。

 

しかし、それは無理でした。

 

就労移行支援事業所に6時間拘束され、統合失調症という諸症状を持っているのもあり、とても疲れやすく、帰ってきてはとてもブログを書ける状況ではないことが多かったです。

 

病気との付き合い方、病気を持った上での働くこととブログの両立を今後は考えていかなければなりません。

 

□1−2.通常ペースで投稿したが、アクセス数停滞

 

3月も1週間に2記事のペースで、8記事投稿しました。

 

しかし、ブログのプロフィール欄にも、毎日更新したい、と書いていた時期があり、その通り実行できなかったので、信頼性が失われ、サイトの価値が落ちてしまったのかなと思いました。

 

アクセス数停滞の主な原因として、このブログの顔である、「短小」の記事の検索順位が落ちてしまったことです。

 

3月の後半から落ち始め、それにより、検索流入から来られる人が減りました。そのため、アクセス数が減少しました。

 

記事の構成を練り直し、再執筆することも考えています。

 

□1−3.コンテンツの質・コンテンツの量が十分ではないと予測

 

単純に、記事が物足りないのと、コンテンツ不足かなと思いました。

 

1日100PVほどから抜け出せません。

 

このブログの記事の投稿数は、まだ、この記事を含めて、68記事です。

 

まだまだ少ないです。

 

100記事から徐々に収益が増え始めると聞くので、まだまだこれからだと思います。

 

それに、読者にとって必ずしもニーズに合致する記事が書けている自信がなく、それも課題です。

 

投稿するにつれて、把握していきたいと思っています。

 

僕が書くときに意識しているのは、やはり、読者の悩みにフォーカスすることです。

 

悩みの解答を一つでも提示できたらと考えて、日々、記事を執筆しています。

 

どうやって悩みをリサーチしているかというと、関連キーワード取得ツールを使用しています。

 

こちらは非常に便利です。

 

まず、検索したいキーワードを打ち込みます。

そして、取得開始ボタンを押します。

そうすると、

Googleユーザーがそのキーワードに対して何を付け加えて検索しているか(付け加えられている単語をまとめた検索キーワードをロングテールキーワードと言います)がわかります。

例えば、『浪人生』と検索したら、このように表示されます。

 

 

具体的にいうと、「浪人生 英語」などですね。

 

青い四角で囲われたキーワードが、よく検索されているキーワードです。

 

他は、あいうえお順や、アルファベット順で表示され、さらにはYahoo知恵袋、教えてGooまでのキーワードに対する検索結果を表示してくれるので、これらをリサーチしない手はありません。

 

検索したら、スクロールなどして、自分が書きたいなと思ったクエリ(検索キーワードのことです)を見つけて、それについて書くだけです。

 

僕は浪人していないので、浪人生に関する記事は書いていませんが、浪人生というキーワードでも、これだけ多くの悩みがあります。

 

これらの人の人生を左右するかもしれない検索キーワードから検索者の心の中を汲み取りつつ、読者の前向きな行動につながるような、背中を押すような記事を書くことを心がけています。

 

■2.トオマがどうやってアクセス解析をしているのかポイントは3つです。

ポイントは3つです。

 

  1. Google アナリティクスを使用しています
  2. 僕なりのアナリティクスの使い方
  3. アナリティクスを使用する利点

 

それぞれ、解説していきます。

 

□2−1.Google アナリティクスを使用しています

 

Googleアナリティクスを使用しています。

 

無料で使えて、非常に便利です。

 

特に、僕は、『行動フロー』というアナリティクスの機能が面白いなと思って使っています。

 

その他も便利ですが、読者の行動がわかると面白いです。

 

それに、目標のところのゴールの設定も重要だと思っていて、それによって1記事あたりの価値(値段)がわかります。

 

ここは僕も勉強不足なので、知識が足りていないのですが、記事に値段がつき(つけることができます)、それを定期的に知ることができると、モチベーションに繋がります。

 

俺の記事って、1円なの!?と泣きむせぶ事もありましたが笑。

 

よくある話だと思います。僕のサイトの価値は、平均して7円です。

 

計算方式は未だに謎ですが、これが書籍1冊分、1500円とかになってくると、かなり嬉しくなると思うのではないでしょうか。

 

それを楽しみに、今日も頑張ってブログを書いています。

 

次項は、アナリティクスの使い方を説明します。

 

□2−2.僕なりのアナリティクスの使い方

アナリティクスは最初訳がわからないと思います。

 

使っていくうちに少しずつわかってくるので、焦らず基本の使い方を身につけましょう。

 

:まず、ホームから、今週1週間分の、

  • ユーザー(訪問者数)
  • セッション(読者の流入から離脱までの流れです、このセッションという単語は僕もよくわかっていません)
  • 直帰率(読者がページを訪問し、その場でページから直に帰る(戻る)パーセンテージです)
  • セッション継続時間(読者が流入してから離脱するまでの時間です)

 

※この用語解説は僕の主観が入っており信憑性は保証できません。より正しいデータを知りたいという方は、このサイトを参考にしてください。

初心者必見!Googleアナリティクスの基本用語21個を覚えよう

 

Webサイト運営に詳しい松原潤一さんの記事で、とても参考になります。

 

この画像を見てください。

4/6 17:10時点

僕はまず、

  • ユーザー:653人
  • セッション:699(46回流入してから何らかの行動をしたのかなと予想する、正直セッションについては前述しましたがよくわかっていません笑)
  • 直帰率:89.7%(大体、8割近くの直帰率が普通だと言われているので、僕の場合は9割なのでちょっと高めです。改善しなくては。)
  • セッション継続時間:0分39秒(平均して、読者の方々が約40秒近く僕のブログ記事を読んでくださっているという事です。10秒でも意識的に数えようとすると長く感じますが、そう考えると40秒も読んでくださっているなんて嬉しいですね。

 

こんな感じで、ざっと見て、まず、1週間分の検索流入の浮き沈みを把握します。

 

下がっていたら落ち込みますし、上がってきたらもちろん嬉しいです。

 

そして、1記事の値段についてですが、こちらで確認できます。

 

 こちらも見辛くてすみません。

こちらのページは、行動→サイト コンテンツ→全てのページで確認できます。

 

この図によると、/というのが150円となっていますが、これは僕のブログのホームのページの価値です。

 

少し難しい話をすると、検索流入を経てブログ上部にあるホームをクリックしてくださって、その一連の行動に価値を設定していて、それが積み重なって150円となって反映されているのです。

 

行動の価値(値段)の設定方法は、もう少し勉強してから詳しく書きたいと思います。

 

今知りたい!という方はこちらのサイトを参考にされて下さい。

 

「ページの価値」を活用して成果を最大化!【Googleアナリティクス】

 

行動フローに関してですが、こんな感じです。

見辛いかもしれませんが、短小の記事から流入してくださった方はほとんど、離脱してしまっていますが、ホーム画面、これはおそらくお気に入り登録などからきてくださった方々だと思います。

 

これらの方々が、次に起こす行動を客観的に見ることができます。

 

ホームからいらっしゃった方は、この記事に辿り着いています。

□2−3.アナリティクスを使用する利点

 

やはり自分のブログの力量を客観的に知ることができることではないでしょうか。

 

データなしでは、ブログはやれないと思います。

 

稼ぐことも不可能だと思います。僕はアドセンスで、現在500円ほど収益が発生していますが、

 

3月の発生分はこちらです。

3月のアドセンス収益が464円でした。

 

これも、日々のアナリティクスの分析をして、関連キーワード取得ツールを駆使して記事を書いた成果だと解釈しています。

 

また、Amazonアソシエイトでも収益が生まれていました。

 

107円でした。

 

合計で、3月のブログ収益は、571円です。

 

これからもブログ執筆を頑張ります。

 

あなたも、自分なりにアナリティクスを駆使して、サイト運営に存分に役立てて下さい。

 

まとめ:ブログには信頼性が重要。グーグルアナリティクスを使い倒せ!

記事のポイントをまとめます。

 

  • ブログ運営10ヶ月目、3月のPVは5,485PV
  • 病気とブログの両立を考えていかなければならない
  • 「短小」の記事の検索順位が落ちてきた
  • 合計68記事とコンテンツ不足が否めない
  • 関連キーワード取得ツールを用いてニーズを発掘
  • グーグルアナリティクスを触ってみよう

 

以上になります。

 

いかがでしたか?

 

少々アナリティクスのところが分かりづらかったかもしれませんが、慣れれば簡単に使いこなせるようになります。

 

僕もまだまだなので、頑張ります。

 

4月は収益1000円達成したいな。

 

最後まで読んで下さって有難う御座いました。