22歳統合失調症の僕が勧める“泣ける”音楽達【YouTubeで聴ける】

YouTube

 

最近、泣ける曲を探していませんか?

「統合失調症だけどお勧めの音楽が知りたい。」

「統合失調症になってから、今まで聴いていた音楽が晴れやかに聞こえ、集中できなくなった。自分の境遇に照らし合わせた泣ける音楽が聴きたい。」

「ボーカロイドを最近めっきり聴かなくなったのだが、お勧めのボーカロイドの音楽があったら知りたい。」

そのような声に応えます。

 

■もくじ

  1. はじめに
  2. 22歳統合失調症の僕が勧める“泣ける”音楽
  3. 22歳統合失調症の僕が勧める“泣ける”ボカロ曲
  4. おわりに

 

この記事を書いている僕は、音楽大好き人間。

小学校から音楽が好きで、小学4年生から6年生まで3年間合唱団に所属していた。

中学時代も合唱が大好きで精力的に活動。

ボーカロイド歴6年。

音楽にはうるさいです。

 

それでは早速、音楽を聴いていただく前に、はじめにの章から入らせていただきます。

「音楽を先ず聞きたい!」という方は飛ばして下さい。

 

■はじめに

 

3つの項目があります。

 

  1. 統合失調症には音楽療法というものがある
  2. 音楽は勇気を与えてくれる
  3. ボーカロイド全盛期に体調を崩した学生時代

それでは内容に入っていきます。(なるはやで音楽に入ります。)

 

1.統合失調症には音楽療法というものがある

 

統合失調症の治療には音楽療法というものがあります。音楽で癒されよう、というものです。

 

実際に、音楽療法を受けた統合失調症患者のレビュー(コクラン・ライブラリーというものに該当し科学的根拠があるもの)を集めて審査した結果、幾ばくかのレビューでうつ、不安、陰性症状、社会生活機能に対して改善が確認されました。

しかし、証拠となるデータの不足により音楽療法実践は現在では科学的根拠は乏しいとされています。

 

しかし、僕の話になりますが、再発して2度目の入院した閉鎖病棟では音楽療法と思われるものをソーシャルトレーニングで行なっており、その病院の棟(A棟、B棟、C棟など分かれています。)の入院患者で集まってソーシャルワーカーさんが持っている大量のCDの中から1人1人がCDを1枚ずつ選んで皆で聴きあうという体験をしたことが何回か有ります。

聴いた後感想を言い合ったりして、朗らかな時間を過ごせて、大分リラックスできたことを覚えています。

色んな年代の人の思いいれのある曲を聴くことができたのも大きかったです。

 

2.音楽は勇気を与えてくれる

  

音楽は勇気を与えてくれます。

元気が出る音楽もありますし、楽しい音楽もありますし、泣ける音楽もあります。

 

特に、泣く、という行為を皆さん最近忘れがちではないですか?

 

泣く行為はストレス発散につながります。

心が洗われる感じです。

僕は映画などや、音楽でも涙もろい方なのですが、統合失調症で絶望していた時は泣く余裕はありませんでした。

しかし、そんな状況の僕でも、何曲かで泣きました。

特にamazarashi、BUMP OF CHICKQENには勇気付けられました。

また、ボーカロイド(ボーカロイドとはなんぞや?については後ほど説明します)に物凄く救われました。

Honeyworksにも一時期ドハマりしました。

最近は、米津玄師の曲にもハマっています。

最近の曲も有りますが、僕の勧める10曲を紹介したいと思います。

  

3.ボーカロイド全盛期に体調を崩した学生時代

  

僕は、ボーカロイド全盛期の時に体調を崩しました。

当時(2011年)ボーカロイドを全然知らなかったです。

ボーカロイドとは、

初音ミク

 

GUMI

 

  

などがボーカロイドの代表キャラクターですが、皆さん一度はテレビなどでも見たことあるんじゃないですか?

機械がリアルの声に近い歌声で歌う音声合成技術のことです。

ピアノで知られるヤマハ社がその発祥です。

友達が、ボカロの話をしていて、僕はその時ボカロのことをV系だと思っていました。

(V系とはヴィジアル系バンドのことです。

ボカロとV系の区別が全くつきませんでした。

後々聴くことになるのですが、当時知らなかったことがその時は悔しさが凄くて、それ以降ボカロにどっぷり浸かりました。

僕にとってボカロは青春です。)

 

ここから早速音楽の紹介に入っていきます!

お待たせしました!

  

1.22歳統合失調症の僕が勧める“泣ける”音楽

 

まず5曲ご紹介させて頂きます。

 

  

どれも思い入れのある曲です。

  

1.amazarashi 『スターライト』

 

 

 僕がどん底の時に一番勇気付けられた曲です。

  

2.amazarashi 『ジュブナイル』

 

 

 まだ学生の人に聞いてほしい曲です。

『ジュブナイル』歌詞

ジュブナイル

3.amazarashi 『自虐家のアリー』

 

 

 両親について考えさせられる曲です。

  

4.「K」BUMP OF CHICKEN

 

 

学生時代の思い出の曲です

  

5.米津玄師 MV「Lemon」

 

 

身近な人の「死」について考えさせられる曲です。

 

ここからは、僕が学生時代から今まで厳選して泣ける!と感じた、そして実際に泣いた5曲をご紹介させて頂きます!

  

2.22歳統合失調症の僕が勧める“泣ける”ボカロ曲

こちらも5曲あります。

 

 

それでは、最後の5曲をお楽しみ下さい!

 

1.ありがとう /feat. 結月ゆかり

 

 

親に感謝を伝えたくなる曲です。

 

2.命に嫌われている。/初音ミク

 

 

生きたくなる曲です。

 

3.CHiCO with HoneyWorks 『プライド革命』

 

 

HoneyWorksの曲です。こちらも泣けます。

 

4.At God’sMercy – rerulili feat.Vocaloids / 神のまにまに – れるりりfeat.ミク&リン&GUMI

  

 

こちらも元気が出る曲です。

◎サクッとコラム

『神のまにまに』
このオリジナルPVに出てくる、裸踊りをする女性は、
天鈿女(アメノウズメ)なのではないか、と『バカと付き合うな』という著書にて、
キングコング西野さんが考察されています。
この“裸踊りをした理由”ですが、
「天照大神(アマテラスオオミカミ)が井戸に引きこもってしまったため」です。

天鈿女は天照大神を井戸から引き戻す為に、裸踊りをしたのではないか。

そう考察されています。

西野さんは“笑いの本質”とはなんなのか、考えています。

5.【HatsuneMiku】slow motion【スローモーション】OriginalPV

   

 

“ゆっくりでいいんだよ”そう語りかけてくれる曲です。

  

おわりに

 

いかがだったでしょうか?

次の曲たちをご紹介させて頂きました。

 

  • amazarashi 『スターライト』
  • amazarashi 『ジュブナイル』
  • amazarashi 『自虐家のアリー』
  • 「K 」BUMP OF CHICKEN
  • 米津玄師 MV「Lemon」
  • ありがとう /feat. 結月ゆかり
  • 命に嫌われている。/初音ミク
  • CHiCO with HoneyWorks 『プライド革命』
  • At God’sMercy – rerulili feat.Vocaloids / 神のまにまに – れるりりfeat.ミク&リン&GUMI
  • 【HatsuneMiku】slow motion【スローモーション】OriginalPV

 

どれも僕にとって大事な曲です。

皆さんの涙腺を少しでも緩められていたら感激です。

お気に入りの曲を是非YouTubeで探してみて下さい。

最後まで読んでいただき有難う御座いました。