統合失調症はなんで苦しいの?苦しみの理由と軽減方法を当事者が解説

お勧め動画

 

こんにちは!トオマです。

 

統合失調症の苦しさを軽減する方法が知りたい方へ。

 

「統合失調症になってしばらく経つ。

 

家に引きこもりがちな生活で、生き甲斐がない。

 

親からも侮蔑の眼差しで見られている。

 

家族とも折り合いが悪い。

 

友達もいない。

 

どうやったら統合失調症の苦しみを軽減できるか知りたい。」

  

また、

 

統合失調症が苦しい理由ってなんなんだろう?トオマ教えて!」

 

こう言った声、疑問たちに応えていきます。

 

✔︎本記事の内容

  1. 統合失調症の苦しさを軽減する方法
  2. 統合失調症が苦しい理由

 

この記事を書いている僕は統合失調症歴4年。

 

就労移行支援事業所に通い始めて1年目。

 

統合失調症に負けずに日々就労支援に通っている。

 

主治医からは就労許可は出ている。

 

今年6月中に就職予定。

 

それでは早速内容に切り込んでいきたいと思います。

 

■1.統合失調症の苦しさを軽減する方法

ポイントは3本立てです。

 

  1. 音楽を聴く
  2. ひたすら、行動する
  3. しっかりお風呂に入って、寝る

 

それぞれ、解説していきますね。

 

□1−1.音楽を聴く

 

音楽を聴きましょう。

 

このポイントでは、オススメのBluetoothイヤホン(コードレスイヤホンです)をご紹介させていただきます。

 

統合失調症は、日々の幻聴、妄想で、脳に負担がかかることが多いです。

 

音楽は、癒し効果があります。

 

ストレス発散としても効果的です。

 

好きな音楽を思いっきり聴きましょう。

 

僕は最近、イヤホンで音楽を聴いていたのですが、Apple社のAirPodsを購入しました。

 


 

歩いていると、耳から白いのがはみ出ている人がいますが、アレです。

 

しかし、

「何耳からうどん垂らしてんだよ!」

との言われようからは想像できないほど、使い勝手の良い商品です。

 

イヤホンをイヤホンケースから出した瞬間、スマホ、またはパソコンと繋がり、音楽が聞ける状態になります。

 

これが、Bluetoothという機能です。

 

このBluetoothという機能は非常に便利で、イヤホンのコードが邪魔にならず、ストレスフリーで音楽が聴けます。

 

ただ、スマホとの互換性があるので、できるだけAirPodsを使いたい方は、iPhone製品を使ったほうがいいでしょう。

 

今iPhoneの方は、安心だと思います。

 

詳細は、僕が先日したこちらのツイートです。

 

 

僕はHUAWEIという中国製のスマホを使っているのですが、使い勝手が良かっただけに、AirPodsとの相性の悪さにはショックでした。

 

AirPodsに少しでも興味を持っていただけた方に向けて、気になる点をQ &A方式で答えていきたいと思います。

 

Q.お値段は?

 

A.1,6800円です。

通常のBluetoothイヤホンの3倍くらいしますが、その10倍、30倍ほどの満足感があることは僕が保証します。

何よりいいのは、音楽を聴く際のスムーズさです。

  

Q.音質は?

 

A.可もなく不可も無くです。

音質が悪いということは全くありません。

普通に音楽を楽しめます。

高いだけあるかと言われたら微妙ですが、音質に関して不安を感じたことは一度もありません。ヒカキンさんの動画も貼っておきます。

 

Q.使い勝手は本当にいいの?

 

A.かなりいいです。詳しくは、こちらの今村さんの動画をみて下さい。

 

 

ケースから出した瞬間接続、AirPodsの片方をダブルタップで動画の一時停止、コードレスなので、非常に動きやすい。まさに革命です。

 

ただ、僕がiPhone持ってないというのもあり、スマホとの接続の悪さがたまに目立ちます。

 

iPhoneだから接続が良くなる、というのも不確かですが、絶対使うならiPhoneです。

 

なんか、Apple社のAirPodsレビューになってしまいましたが、自宅、外での音楽のお供にはとてもお勧めなので是非ご購入されてみて下さい。

 

 

□1−2.ひたすら、行動する

ひたすら行動しましょう。

行動することでしか変われないからです。

 

過去の弱い自分、今の一歩踏み出せないでいる自分に打ち勝つ日々を過ごして下さい。

 

今、休職中や、大学を休学している方。

 

また、ニートや無職を謳歌している方は、将来を見据えた、何かの行動を起こしてみることをお勧めいたします。

 

もちろん、今のままでいい、という方もいらっしゃるかもしれません。

 

こうして、当ブログに遊びに来てくれて、情報収集をする。

 

それも、アリだと思います。

 

ただ、自分から自信がなくなっていくのを感じませんか?

 

そういう時は、『自分はまだやれるはずなのに、行動できてない自分を責めている』サインです。

 

何かの行動を起こしてみて下さい。図書館に行って本を読むもよし、就職活動を再開するもよし、アルバイトを始めてみるもよし。

 

とにかく、人の目に触れる環境に行く、というのが一番大事です。

 

人は、他人と比較することで、初めて自分を知ることができます。

 

「比較すると、その人に劣る部分ばかりが見えて辛くなる…。」と感じる方もいらっしゃると思いますが、いいところも見えるはずです。

 

「人の振り見て我が振り直せ」をしていくことが大事です。

 

徐々に角ばって衝突ばかりしていた自分が、他人とのふれあいで、丸くなり、スムーズに現代社会を過ごせるようになるはずです。

 

大丈夫ですよ。

 

どうしようもなかった僕でも、1年間物事を継続することができたのですから、あなたにもできるはずです。

 

□1−3.しっかりお風呂に入って、寝る

 

しっかりお風呂に入って、寝ましょう。

 

風呂は心の洗濯、と聞いたことがあります。

 

それに、お風呂に入っている最中は、嫌なことなどを水に洗い流せます。

 

それに、アイデアも湧いて来やすいです。

 

寝るのも気持ちがいいものですよ。

 

僕も最近まで寝られなかったので、不眠で悩まれている方の気持ちは痛いほどわかります。

 

主な原因が、仮眠なのですけどね。

 

今さっき(執筆現在13時)まで1時間ほど昼寝をしてしまいました。

 

仮眠をしていなくても、朝早く起きたり、その日嫌なことがあったりすると、夜寝られないことがあります。

 

そういう時は仕方ないです。

 

お腹がすいて眠れない、ということもあると思います。

 

僕の場合はですが、その日は何か食べて寝ちゃいますね。

 

最近はこういうことも減りましたが、寝る前にスマホに、「不安日記」をつけるのもいいと思います。

 

Googleカレンダーのリマインダー機能に、通知が来るように設定しておいて、「不安日記」の通知が来たら書きます。

 

スッキリしますよ。

 

睡眠に影響を及ぼしているかは今のところ実験できていませんが、メンタリストDaiGoさんが配信で仰っていたので、真似をしている最中です。

 

ニコニコ動画プレミアム会員登録はこちらから

 

メンタリストDaiGoの心理分析してみた!登録はこちらから

 

メンタリストDaiGoさんの配信を寝る前に見て、不安日記を書いて、少し読書などをしてスッキリすれば、安眠することがおそらくできると思います。

 

あと、寝る前に至る前には、必ず1日活動をしていましょう。

 

通院している方は、お医者さんに口すっぱく言われていると思いすが、これは事実です。

 

1日は必ず外へ出て、何かを見て、感じましょう。人と触れあいましょう。

 

コンビニなどに行くのでもいいと思います。

 

1日に一回、挑戦をしましょう。

 

そうすると、1日の終わりに、スッキリ寝られると思います。

 

 

ここからは、「そもそも統合失調症が苦しい理由ってなんなの?」という疑問に、直球で答えていきたいと思います。

 

■2.統合失調症が苦しい理由

ポイントは3つ。

 

  1. 毎日襲われる自己嫌悪
  2. 病状から来る症状(主に幻聴・妄想・幻視)
  3. 結果的に陥ってしまって感じる孤独感

 

目新しくはないかもしれませんが、是非呼んでください。

 

それぞれ、解説していきますね。

 

□2−1.毎日襲われる自己嫌悪

 

統合失調症を患われている方は、毎日、フラッシュバックのように過去にしてしまったことを思い出してしまいます。

 

脳がもう二度と自分に危険が及ばないように、注意喚起しているのだと思います。

 

「あれをやってしまった…。」

 

「あの時こうしていれば…。」

 

「あの時あんなことを言わなければ…。」

 

自問自答してしまうと思います。

 

しかし、未来は明るいです。

 

それほどしてしまったことがあるなら、もうしないように気をつければいいだけです。

 

あとは、今できることをしていきましょう。

 

□2−2.病状から来る症状(主に幻聴・妄想・幻視)

 

統合失調症の主な症状に、幻聴・妄想・幻視があります。(幻視とは分かりやすく言うと幻覚のことです。)

 

それらに日常的に向き合わなければなりません。

 

一歩、外へ出ると、他人の会話が自分を悪く言っているように感じる。

 

または、悪口が聞こえる。

 

または、世界全てが自分の敵のように感じる。
 

または、自分の居場所ではないように感じる。

 

幽霊のようなものが見える。

 

よくわからない物体が見える。

 

こう言ったことが、統合失調症を患われている方には、日常的に苦しめられています。

 

辛いですよね。しかし、ここで、視点を変えるポイントがあります。

 

それは、今が一番苦しい、と言うものです。

 

今この瞬間を乗り越えれば、あとは、ストレス耐性がつき、さらに強い自分に生まれ変わることができます。

 

今を乗り越えてしまえば、その後の自分にとってそれまでのストレスは、お茶の子さいさいと感じることができるようになります。

 

僕も、就労支援に死に物狂いで通っていた時期がありますが、「あの時よりは楽だな」と感じることが増えてきました。今を乗り越えましょう。

 

□2−3.結果的に陥ってしまって感じる孤独感

 

統合失調症になると、

 

「あなたは人と違います!」

 

と言う烙印を押された気分になります。

 

「自分は精神に障害を抱えている、人と違うんだ、しかも、再発したらまた人に迷惑をかけてしまう…。」

 

と言うことを無意識に考えてしまっているのです。

 

少なくとも、僕はそうです。

 

孤独は辛いですよね。

 

しかし、裏を返しましょう。

 

縛られることがない、と言うことです。

 

あなたは自由です。

 

好きなことをしていいのです。

 

ブログを始めてみるのもいいでしょう。

 

または、YouTubeで自分の好きなことを話してみて、発信をしてみるのもいいかもしれません。

 

また、ツイキャスで、配信をして、いろいろな人とコミュニケーションを取ってみるのもいいかもしれません。

やりたい、と思ったことをやってみましょう!

 

あなたは様々なことを乗り越えてきました。

 

なんか、占い師みたいな文章になってしまいましたが、自分の感性を忘れずに、日々を生きていきましょう。

 

今、DaiGoさんのこの配信を見ながら書いているからか、前向きな気分なのかもしれませんね。

 

前向きさは伝染します。

 

このチャンネルは、無職、ニートに優しい配信を行ってくれますよ。

 

まとめ:統合失調症は本来苦しいもの。しかし、苦しみを乗り越えた先には、何かが待っている…。はず!

記事のポイントをまとめます。

 

  • 自分の好きな音楽を聴きましょう
  • ひたすら、自分の心の意のままに行動しましょう
  • しっかりお風呂に入って、寝ましょう
  • 統合失調症の苦しみからは、味方次第で抜け出せる
  • メンタリストDaiGoさんの配信を見て、マインドフルになろう

 

以上になります。

 

いかがでしたか?

 

今回は、ありきたりだったかもしれませんが、統合失調症の苦しみについて書かせていただきました。

 

統合失調症、苦しい病気ですよね。

 

厄介な病気です。

 

どんな人でもなり得る、自分の生き方を考えさせられる病気です。

 

いつか、幸せに暮らせたら。

 

そんなことを思いながら、僕は今日も、英検準1級の勉強をしようと思います。

 

あなたにも、今日が素敵な1日でありますように。

 

最後まで読んで下さって有難う御座いました。