統合失調症持ちは外食で疲れやすい。【疲れにくくなる方法を解説】

統合失調症

 

こんにちは、昨日焼肉店で食べ過ぎて、帰りに路上で吐いたトーマです。

統合失調症だけど外食時疲れにくくなる方法が知りたい方へ。

「統合失調症だけど、外食時非常に疲れやすくて困っている。疲れやすくならない方法があったら知りたい。」

「たまには焼肉に行きたいのだけど、居心地のいい焼肉店があったら知りたい。」

これらの疑問に答えます。

本記事では下記の内容を解説します。

 

■もくじ

1.統合失調症でも外食時疲れにくくなる方法

2.統合失調症でも居心地の良い焼肉店を紹介

 

この記事を書いている僕は、統合失調症歴4年。

就労移行支援事業所に通い始めて10ヶ月目。

ちょっとしたコツを掴み、最近では外食時昔に比べ比較的疲れにくくなりました。

その方法をシェアさせていただきたいです。

蛇足ですが、昨日居心地のいい焼肉屋を見つけたので、おススメさせて頂きます。

 

■1.統合失調症でも外食時疲れにくくなる方法

疲れにくくなるポイントは3つあります。

  

  1. なるべく視界に情報が写り込まない席に座る
  2. 病気の自分は差し置いて素の自分を出す
  3. 最低限の身なりを整えて、店員さんに舐められないようにする

 

それぞれ解説していきます。

 

□1−1.なるべく視界に情報が写り込まない席に座る

 

統合失調症でも外食で疲れにくくなる方法の1個目は、なるべく壁向かいの席に座ることです。

 

そうすることで、食事を共にする人しか視界に映らないので、余計な情報が入って来ず、集中できます。

 

ただ、ソファータイプではなく、椅子だった場合、くつろげないのが難点です。

これはデートにも応用できて、メンタリストDaigoさんの『メンタリズム 恋愛の絶対法』という著書で知った情報なのですが、女の子を壁向かいの席に座らせることが重要です。

さらに調理場から離れたところに誘導します。

そうすることで、余計な情報が入って来ず、相手があなたに集中することになります。

どんどん実践していきましょう。

 

 

 

□1−2.病気の自分は差し置いて素の自分を出す

 

病気だから、、、と会話に遠慮気味に参加するのではなく、家族などと食事をする時も素の自分を出しましょう。

誰もあなたが無職ということに関しては関心がありません。

言いたいことを言えなかったりするとストレスが溜まります。

せっかくの食事の場を設けてくれた人に感謝して、その場を楽しめるように意識を持っていきましょう。

 

ただ、外食自体が嫌いで疲れやすい、という方は、なるべく自分が疲れない方向で考えましょう。

お酒はあまり飲みたくないなと思った時でなおかつ、頼まなきゃいけない時は、注文だけしておいて、残せば大丈夫です。

飲んで飲んでと言われても、少しだけ飲んで回避しましょう。

余談ですが、待ち時間などは読書をするのもアリだと思います。

僕は昨日、予約する立場で、予約時間に先にお店に行って家族を待っていました。

待ち時間に本を読んでいて、非常にリラックスできました。

メンタリストDaiGoさんの『限りなく黒に近いグレーな心理術』という本です。

お客の心理を逆手に取ったお店側のサービスの仕方が書いてあり、非常に興味深かったです。

飲食店で読むとさらに勉強になります。

待ち時間に本を読むのはお勧めですよ。

さすがに食事の場で読書するのはハードルが高いと思うので、そこは我慢です。

 

 

 

□1−3.最低限の身なりを整えて、店員さんに舐められないようにする

 

無職のオーラ全開で、脱力感全体だと、店員さんから舐められます。

人は見た目で判断する生き物だからです。

例をあげると、僕は大学を休学して引きこもっていて髪が伸びっきりだった頃があります。

そして、美容院に行った時に、「脱力感がすごい」という風にいつも担当していただいている美容師さんに言われました。

少し悲しかったです。

やはり、髪を切るなどの身なりを整えるのは大事です。

また、飲食店の店員さんに舐められる、僕はすごくそれの経験があるのです。

少しでも身なりに気を使う、日常生活を社会で過ごすように努めることが大事です。

それだけで、少しの自信がつき、自分が発する負のオーラを払拭することが可能です。

筋トレ、ヘアセット、服に少しこだわるのがお勧めです。

筋トレに関してはこの記事で書いています。

 

 

ヘアセットに関してはこの記事で書いています。

 

服のこだわりについてはげんじさん(@tyaaahaaan)のこの動画を参考にしてください。

 

 

社会に参加するというなんとも抽象的なポイントは、これら記事を参考にしてください。

主に引きこもりの方に向けての記事です。

 

ポイントは、どれもふーん、そうなんだ、で終わらせることなく、実践することです。

ぜひ行動に移してみてください。

それだけで、店員さんの自分に対する態度も変わってきます。

相手を変えるのではなく、まずは自分から変わりましょう。

そうすることで、格段に過ごしやすさが変わってきますよ。

 

ここからはニッチですが、僕が昨日行って居心地が良かった焼肉店を紹介させて頂きます。

 

■2.統合失調症でも居心地の良い焼肉店

僕が勧める焼肉店には3つの主張があります

  

  1. 断然、牛角です
  2. 会社のポリシーが、「感動創造」
  3. 店員さんの接客、味、共に良い

 

それぞれ、解説していきます。

 

□2−1.断然、牛角です

 

居心地のいい焼肉店は、断然、牛角です。

 

お店の雰囲気、接客、店員さんの態度、お店に来るお客さんの質、どれを取っても良かったです。

 

昨日牛角に行ってきたのですが、非常に居心地が良かったです。今まで病気になってからいくつか焼肉屋、居酒屋に行ってきましたが、これほど居心地が良かったお店は初めてです。

 

□2−2.会社のポリシーが、「感動創造」

 

会社のポリシーからしてカッコいいです。

 

全てはお客様の笑顔のために、と非常にその言葉を体現していると思います。

 

父から聞いたのですが、株式会社レインズインターナショナルという会社が牛角を経営していて、その会社のポリシーが「感動創造」です。

なんともかっこいいポリシーです。

お店の雰囲気や、牛角というと少しお値段が高いようなイメージがありますが、それだけお店の雰囲気もいいです。

 

□2−3.店員さんの接客、味、共に良い

 

店員さんの接客、味、共に良いです。申し分ありません。

 

僕自身これほど素の自分を出せたのが初めてだからです。

 

昨日は元旦で、店員さんも非常にストレスが溜まっていたと思います。

しかし、特に「舐められている」と感じることはなく、非常に快適に食事をすることができました。

味もよく、プレミアムコース90分食べ放題のコースにしたのですが、味も美味しく、申し分ないです。

ただ、不満点があるとするならば、もう少しお肉をたくさん食べたかったかなと思いました。

食べ放題コースで、提供されるお肉の品の数が決まっているということもあり、少しお肉の量が少なかったかなという印象です。

ただこれは、別で「もっと注文しろよ!」という話なので、僕の課題です。

父に遠慮しました。

変なところで遠慮する性格をどうにかしなきゃいけないなという気持ちになりました。

自分を守るための遠慮は良くない、と聞いたことがあるので、その精神を忘れずにいたいです。

 

まとめに入らせて頂きます。

 

まとめ:外食で疲れないためには日頃の心がけが大切。焼肉店なら牛角がお勧め。

記事のポイントをまとめます。

 

  • 席に座るときは壁向かいの席に座ろう
  • 壁向かいは相手に集中させる効果があるためデートでも使える
  • 遠慮せず言いたいことをいって素の自分をだそう
  • 身なりを整えて、最低限社会と関わっていれば、見た目の印象はだいぶ変わる
  • おすすめの焼肉店は牛角。しかし、その後僕は吐きました。食べ過ぎ注意。

 

以上になります。

 

いかがでしたか?

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

疲れやすいのは、精神障がいを抱えているため、仕方がないのです。

 

疲れやすい理由は、このサイトでも紹介されています。

 

精神疾患を持つ人が疲れやすい3つの理由(医師)

 

統合失調症を持っている人に当てはめた場合、要約すると、物音に敏感になりやすく、なおかつ精神病を持っているという不安や恐れなど、人前で緊張してしまうから。そこから外に出たくないという悪循環に陥っていく。

ということだと思います。

薬の作用も影響しているそうです。

ただ、行動を積み重ねていけば人は変われます。

自分が今できることを一つ一つ積み上げていきましょう。

しかし、それでは疲れてしまうので、時には休息も大事です。

お風呂に入らない日があったっていいと思います。

歯はなるべく磨いたほうがいいです。が、磨けない日があるのも仕方がないんじゃないでしょうか。

僕もそれは経験があるので分かります。

 

身なりを整えましょう、社会に参加しましょうと簡単に言われても、難しいですよね。

そんなときは、音楽を聴いたり、読書でもしましょう。

 

お勧めの音楽は(泣けるのに限りますが)この記事で載せています。

 

 

図書館ならあまり身なりを気にせず入れると思います。

まずは回復まで持っていくことが大事です、無理せず着実に社会復帰していきましょう。

話が逸れましたが、、、飲食店で疲れやすくならない方法と、おすすめの焼肉店を述べさせて頂きました。

人は変えられません、自分から変わりましょう。

最後まで読んで下さって有難う御座いました。