統合失調症になり太ってしまった方へ【3ヶ月で6kg痩せた筋トレ】

筋トレ

「統合失調症になってから太ってしまった。

痩せる方法があるなら知りたい!」

「現在統合失調症でどうしても過食してしまう。」

そんな方へ

「あと、なんか、痩せられる筋トレメニューがあったらついでに知りたい。」

と考えていませんか?

本記事では下記の内容を解説します。

✔本記事の内容

  1. 統合失調症でも痩せられる方法
  2. 【経験則】お薬を飲んでいても体重は落とすことができる

この記事を書いている僕は、統合失調症歴4年。

統合失調症になってから、8kg太ったのだけど、現在は、

3ヶ月で-5.5kg、168cm、63kg→57.4kgまで減らすことができました。

また、ぽっこりお腹が解消されました。

このツイートでも身体を載せてます。

なお、測定結果はツイートの通り、57.4kgでした。

1.統合失調症でも痩せられる方法【3つの観点から解説します】

次の3つが大切です。

  1. とにもかくにも運動です
  2. 過度に炭水化物を抜くのはNG
  3. 自分の身体を客観視する

上記の通り。

運動、知識、ノウハウという感じです。

では、解説していきます。

1.とにもかくにも運動です

運動しないと痩せられません。

食事制限だけで満足している方、はっきりとここでは言ってしまいますが、それは駄目です。

運動の方に力を入れましょう。

20代の基礎代謝は約1,200kcalだそうです。

一日の食事は食事制限してもせいぜい1,200kcal程だと思います。

(ご飯一杯で200kcalはあります。ご飯を抜くのはきつい。3食それぞれ食べるとして600kcal。主菜をそれぞれ200kcalずつに抑えるのは相当現実的ではないと思います。)

運動することは精神衛生上いいですし、気持ちの良いものですよ。

ストレス発散にもなります。

作業効率化も図れます。

僕はメトロンブログさんの

こちらの動画

の腹筋トレーニングを9月7日から約2ヶ月ほぼ毎日続けて、このツイートのようにお腹周りがスッキリしました。


※ツイートでは30日間と書きましたが正しくは、58日でした。申し訳有りません。約2ヶ月です。

友人とお酒などを飲みに行った日は帰りが深夜になってしまうので出来ませんでしたが、休んでも5日位だと思います。

なお、左の写真が満腹状態で、右の写真がある程度食べてから時間が経った状態なので、多少の誤差はあるかもしれません。

人にもよりますがなるべく筋トレは夕方がいいそうです。

又胸のトレーニングは、

こちらの動画

の胸トレーニングを9月4日から始めて

1ヶ月半続けたあとに、

こちらの動画

の胸トレーニングを10日ぐらいほぼ毎日続けて今に至ります。

またまだ日は浅いですが体幹トレーニングもやっています。

こちらの動画です。

メトロンブログさんは筋トレで成果を出す上でとてもためになるコンテンツを提供してくれます。

是非チャンネル登録をして、トレーニングをやってみて下さい。

またメトネストさんはUrbanStyle:Fitnessというブログもやっているので、そちらも必読です。

この飲料もプロテインなのに美味しくて飲みやすくおすすめです。

たんぱく質15mg配合、脂質0%と低脂質高タンパクのイチオシ飲料です。

2.過度に炭水化物を抜くのはNG

過度に炭水化物を抜くのは、NGです。

ストレスが溜まりやすく、長く続かず、リバウンドしやすいからです。

具体例:はじめしゃちょーさんのこの動画を観て、僕も炭水化物と糖質を抜こう!と決意し、食べるもの全て綿密にカロリー計算して、サラダチキンともずく酢などで一食を終えることがあったのですが、相当きつかったです。

一食160kcalとかざらでした。

しかし、きつすぎて3日坊主でした笑。

その後過食してしまい、これまでの自分の継続力のなさに自信を失った経験があります。

3.自分の身体を客観視する

自分の身体を鏡に映して、スマホで写真を撮るのがお勧めです。

スマホがない!という方(僕も以前はPHSでした)は、パソコンの内臓カメラで撮影しましょう。

僕がツイートに使っている画像は内臓カメラで撮影しました。

最初に自分の身体を写真で撮ると、あまりの醜さに絶望します。

しかし、その身体が脳裏に焼きつき、自分を変えようとするモチベーションになります。

それに、自分の身体を見るのが嫌な人もいると思いますが、筋トレをして肉体が目に見えて変わってくると、筋トレをするのが楽しくなってきます。

習慣づきます。

同姓の理想の肉体の人を見つけるのがお勧めです。

その人の肉体に近づいていく自分が好きになり、筋トレを継続することが出来ます。

僕がトレーニング前に実際に撮った写真をお見せしていきます。醜いですがご了承ください。

ここから

こういった形で変わっていきます。

あまり説得力がなかったかも笑。

まずは恥ずかしい、という思いを捨てて、容姿を馬鹿にされたことを思い出しつつ、絶対魅力的になってやる、という思いで最初の一枚を撮ることをお勧めします。

2.【経験則】お薬を飲んでいても体重は落とすことができる

ここからは統合失調症になってから太ってしまった方が抱えているであろう悩みに、直球で答えていきます。

3つ述べさせて頂きます。

  1. 僕はロナセンを16mg飲んでいます
  2. やはり「運動すること」に限ります
  3. 家でできる「自重トレーニング」をしましょう

それではいきます。

1.僕はロナセンを16mg飲んでいます

僕の場合は年齢的に代謝が良く働き、体重が落ちやすいというのもあるかもしれませんが、しかし22歳ってそこまで若くないと思います。

ロナセンという向精神薬を1日16mg飲んでいても(個人的に薬の量はそこまで少なくはないと思います)、深夜に甘いものが無性に食べたくなったりして脂っこい食べ物をつまみ食いしてしまったこともありますが、体重を5.5kg落とすことができました。

2.やはり「運動すること」に限ります

ニートだった頃は、昼過ぎに起きることが有り、一日2食が普通でしたが、一向に体重は減りませんでした。ここ2ヶ月になって、筋トレを毎日していたら体重が落ちました。

基礎代謝は関係有りません。

毎日走りこみをしなくても僕は体重が落ちました。

家で一日10分ほど動画を観ながら筋トレするだけです。

これで生き易さがだいぶ変わります。

努力(見た目)を褒められるのは自信に繋がります。

3.家でできる「自重トレーニング」をしましょう

ジムに行かなくても、自重トレーニングで体重は落とせます。

自重トレーニングの自重とは、文字通り「自分の身体の重さ」のことを表します。

つまり、自重トレーニングとは自分の身体の重さのみでトレーニングすることです。

なんかカッコよくないですか?

「効率が悪い!」という声が聞こえてきそうですが、自重トレーニングほど取っ掛かりやすいトレーニングはありません。

ジムに行くのが面倒臭く、ジムでのトレーニングだと、周りの目も気になりますし、特に障害を持っていると周りとのコミュニケーションもあまり取りたくないと思います。

そういう意味で通うだけで多大な労力を使うから疲れます。

僕はジムに一度体験に行ったことがありますが、自分の中の悪魔の一面が垣間見えてあまり上手くトレーナーさんと話すことが出来ませんでした。

それに月に約1万円の出費ということもあり、だいぶ通うことがプレッシャーでした。

大型のジムだと、人も一杯いますし、疲れます。それに比べ、自重トレーニングだと、対話するのは自分の肉体だけでいいですし、自分の部屋で行なえるため周りの目も気になりません。

それにタダです。

僕はメトネストさんの肉体を目指していますが、ジムに通いたくはないので、メトネストさんの紹介する動画で少しずつでも筋肉をつけていく、という道を選びました。

■おまけ

人間関係における体重の増加についての動画も紹介させて頂きます。

容姿をディスってくる人と付き合いがあると太る!?

該当箇所は、02:05からです。

メンタリストDaiGoさんのチャンネルも登録しておくことを僭越ながら勧めさせて頂きます。

■まとめ:痩せたいなら筋トレしましょう!努力した分だけ身体は変わります!

記事のポイントをまとめます。

  • 1日2分だけでもいいので運動してみましょう
  • カップラーメンを待っている間に筋トレしましょう
  • 炭水化物を抜くのは危険なのでやめましょう。
  • 痩せたいなら「自重トレーニング」がお勧めです
  • 容姿をけなしてくる人からは離れましょう

こんな感じです。

今日は今体型で悩んでいる方にとって一番聞きたくない話だったかもしれません。

「運動をすることは大事」分かっていても、なかなか実行できないですよね。

しかし、僕の言う「運動」は1日2分あればできます。

21日も続けていれば、結果は目に見えて変わってくると思います。

是非、メトロンブログさんの筋トレメニューを毎日続けてみてください。