どうでもいいこと

家だと勉強できないので、外で勉強しようと、ついでに本も読めたら良いなと、支度をしていざ駅についてみると、スタバに行く気分にはならなかった。ふらふらしていて、ふと日常に新しい風を吹かそうとスマホを契約しようと思って電車に乗って隣町へ行ったが、身分証明書がないことに気付いた。改札を通る前だったので、もしかしたら電車賃返ってくるかもと淡い期待を抱いていたが、精算のときに「電車に乗った分の料金が掛かる」ということを言われ、僕は行きと帰り二回電車に乗っていたので行きの電車賃はそのまま返ってこず帰りの電車賃も払うことになった。単純に考えれば当たり前のことだったのだが、僕は愚かだった。結局今日は家でおとなしくすることにした。喉も痛いので。

英検まで残り17日だ。

あっという間だった。

そろそろ過去問を解きはじめる時期なのだろうが、僕はまだ基本書すら終わっておらず、英検準1級一次試験の全体の各問題の内容すらもよく分かっていない。

現役で上智大学に行った中学校の同期がいた。そいつに英語力で勝ちたいと英検の勉強を始めたのも英検受験の理由の一つだ。だが、準1級は上智大学入試レベルかもしれない。それほどまでに私大最難関の壁は高い。彼は今どこまで行ってるのだろう。遥か先に行ってるかもしれない。今勉強したとしても追いつけないかもしれない。それだからといって勉強を辞めてしまうのも馬鹿馬鹿しい。基礎だ基礎!俺よ基礎を勉強するんだ!基礎を勉強するといっても何の参考書が良いのだろう。単語だけ覚えても英語は読めるようにならないと聞いた。何を勉強すれば良いのだろう。こうしてブログを書いてる時間を勉強に当てなければならないのだろうか。お腹減った。